離婚までのお金の問題をキャッシングで解決

キャッシングベスト3

離婚したい人のお悩み第一位!お金がないのはキャッシングで解決!

最近は、周囲でも離婚した人の話をよく聞くようになりました。日本全国の離婚件数は、一旦ピークを迎えた後、落ち着いているとは言えるものの、決して減少しているという訳ではありません。また別居件数も増加しており、様々な事情で離婚したいと考えている人も含めれば、さらに数は増えるだろうと考えられます。

このような離婚件数の増加の背景には、何も不仲の夫婦が増えたということだけが、その要因ではありません。特に女性の側に、離婚しても何とか生活していける目処が立つようになったという、経済的事情も非常に大きいのです。独身時代からの仕事を、結婚後もそのまま続けることは、今では全く珍しいことではありません。

また、妊娠や出産後も仕事を続けて行ける職場環境も確保されていますから、ある程度の経済的基盤を持っている既婚女性の数自体も増えているのです。このような女性が離婚を考えたとき、少なくとも経済的な理由で諦めなくてはならないということはありません。安定した職さえあれば、多少の経済上の不利はあっても、全く生活できないという訳ではないからです。

逆に言えば、このような安定的な職を持たない人が、経済的事情から離婚を思いとどまっている可能性も高いと言えるのです。これは、何も離婚後の生活のことだけを言っているのではありません。少なくとも、離婚に踏み切る際に、一定のお金はどうしても必要になってくるのが現実なのです。

もしも、経済的基盤のない女性が離婚を決意したとしても、配偶者の理解を全く得られない状況では、話し合いの間の生活費にも事欠くかもしれません。また、場合によっては、離婚に至る法的な手続きや準備の為に、経費が必要となることもあります。いずれにしても、とりあえず落ち着くまでの資金として、いくらかはどうしても必要になってきます。

離婚の原因としては、経済的な問題が大きい要因を占めることもありますから、なおのことこのような状況でお金を確保するのは難しいことでしょう。そんな時に、一時的にお金を借りることでこの時期を突破するというのも、ひとつの方法なのです。とはいっても、これからの生活がすぐに安定するとも限りません。また、もしも相手から慰謝料や養育費を望める状況であっても、なかなか約束通りに入金されるとは限らないというのが現実です。

今ここで余分な債務を抱える余裕はありませんから、できれば、自力で貯めたお金を確保した上で、念のための保険としてカードローンを作っておくというのが理想でしょう。万が一の時には借りれると思えば心強く、思い切った行動に出ることができます。

しかし、カードローンは借入目的は自由ですが、利用目的を尋ねられた場合、間違っても離婚準備とは書かないように。特に自分でお仕事を持たない人の場合、専業主婦として、配偶者の収入を見込んでお金を貸してもらうのですから、それでは審査に通りません。

今後返済していくのは自分自身ですから、借りるにしても、くれぐれも返済可能な範囲で最低限の借入にしておきましょう。ルール通りにしようと思ったら、借りた分は本来ならば離婚成立までには返済する必要がありますし、その後もし継続して利用するのであれば、改めて審査を受け直さなくてはいけないということも、どうかお忘れなく。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 カードローン審査にお悩みなら!審査が手頃なサービスのご紹介! All Rights Reserved.