ろうきんローンで借りる前にチェック!審査の3ポイント!

ろうきんは、労働金庫の略称ですが、全国に12の労働金庫があり、地域ごとに名称が違います。利用する場合は、必ず地元で申込をしなくてはいけないのは、地方銀行などと同様ですね。ただし、ろうきんは全国を網羅していますから、どこにお住まいの方でも、基本的にどこかのろうきんを利用できるんですよ。

ろうきんは全国組織といっても、地域によってその商品も全く異なっています。そのため、例えば近畿ろうきんと全く同じ商品を、他地域のろうきんで見つけることはできません。しかし、同じように便利でお得なローンが必ず用意されていますので、どの地域の方でも安心して利用できるという点では同じです。

ただし、ろうきんの特徴として、会員による差があるのです。ろうきんの利用者は、労働金庫に出資している労働組合の組合員と、生活協同組合の組合員、そしてどちらでもない利用者の、この3つに分類されます。最後の利用者の場合、例えばローンを借りたい場合、申込と同時にろうきんに出資して組合員にならなくてはいけません。

組合員になったからといって、特に何かをしなくてはいけないという心配は全くないのですが、一口1000円とはいっても出資金が気になる方もおられるでしょう。また、金利の優遇などの点で、他の組合員に比べると若干不利だったりもします。生協会員の場合、家族会員でも可なので、一度ご家族に生協加入の有無について確認してみることをお薦めします。ろうきんでローンを借りる場合、このような組合員についての確認がまず最初に重要になってきます。

労働組合員、生協加入者かその家族であれば、まず出資金の一口1000円を支払う必要がありません。また、その地域のろうきんによって異なるのですが、様々な金利の優遇措置があります。振込口座の指定など、全ての優遇措置を利用すると、数パーセントも金利が低くなります。それが、いずれかの組合員かによっても少しずつ異なってきますので、必ず自分がどれに所属しているかを確認しておかなくてはいけませんね。

ローンの審査においては、やはり組合員、特に労働組合員については有利ではないかと思われます。そのため、出資金や金利の優遇措置の点だけでなく、それ以前の審査の時点でも、今回新たに加入するよりは、既に何らかの組合員であることは大切だと言えるでしょう。生協の加入者の主婦の方にとっては、特にろうきんのローンは狙い目ですよ。カードローンも複数ありますが、フリーローンも安心の低金利です。

このように、利用しやすくお得なろうきんの各種ローンですので、条件の揃っている方は是非検討してみる価値がありますよ。いずれも、お住まいの地域のろうきんによって、その商品だけでなく、利用や組合員への扱いについては少しずつ異なっています。お近くのろうきんで、よく確認した上ご利用くださいね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 カードローン審査にお悩みなら!審査が手頃なサービスのご紹介! All Rights Reserved.