年収と借入限度額に関わる審査時のポイント

キャッシングベスト3

意外と知られていない?年収と借入限度額の気になるカンケイ

お金を初めて借りる人が、以外と一番気にしているのは自分の年収かもしれません。キャッシング審査についてよく知らない人が、自分の個人情報の中で、お金に関係することで真っ先に思いつくのが、自分の年収の金額だからかもしれませんね。確かに、年収が多ければ多いほど、返済能力も高いと見なされることは事実かもしれません。しかし、年収が多くても返済できなくなる人は居ますので、必ずしも年収の多さが、審査の通りやすさになるとは限らないんですよ。

ただし、消費者金融の場合、年収の金額は、総量規制という法律上の問題にも関わってきます。もしもその人に、本人の年収の三分の一以上の借入があったとしたら、新たにお金を貸すことはできないのです。その意味で、消費者金融ではこの年収のラインは絶対だと言えます。しかし、もしも他からの借入がない人であれば、年収についての問題はとたんに軽くなってきます。

お金を借りようとする本人に年収があることは絶対条件ですが、その確認さえとれれば、他からの借入もない状況では、その金額についてはそう大きな問題にはなりません。お金を貸す業者の立場で考えれば、返済能力についてよくわからない間は、とりあえず限度額を低く設定することでリスク回避できてしまうからです。

そしてその後、その人がキャッシングを利用している上で、返済が問題なくできるようであれば、徐々に限度額をアップするという方法で対応していきます。決して最初の審査の時に、年収の額を見ただけで一律に限度額を決めてしまう訳ではありません。

そういう意味では、年収の額よりも、低い収入であっても安定して継続的な収入が見込めるかどうかということの方が、業者にとっては大きな問題だということが分かってきますね。正規雇用の人や、大きな企業に勤めている人は、やはり審査上ポイントが高いということは事実でしょう。しかし、まだここに勤め始めて数ヶ月しか経たない人は、審査では評価が低いこともあるのです。逆に年収の低い人であっても、年齢に応じて勤続年数も多ければ、高い評価を得ることもあるんですよ。

そのような審査の性質を知っておくと、申込の際に強調できるポイントも見えてきますね。例えば、アルバイトの人の場合、本人が気になるのは年収かもしれませんが、実際に問題になるのは雇用先の情報や、勤続年数です。雇用先が信頼できる所なのであれば、正確な情報を詳しく申告した方が有利ですし、勤続年数が数年以上あるのであれば、そこは間違いなくしっかりと申告しておくことが大切になります。

このように、年収については、一般に申込む側が気にしているところと、実際に貸す側が重要視するポイントが、若干ずれている場合があるのです。このようなこともよく知っておけば、年収の多い少ないを気にせず、安心して有利に審査を受けることができますよ。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 カードローン審査にお悩みなら!審査が手頃なサービスのご紹介! All Rights Reserved.