マンションの返済額の平均はどのくらいか

キャッシングベスト3

お宅はいくら?気になるマンションのローン返済平均額とは?

マンションを購入すると、当然ながら毎月ローン返済をしていかなくてはなりませんね。しかし、これについては、マンション購入を決めた時点で既に分かっていることですから、毎月納得しながら返済しておられることでしょう。しかしながら、マンションに住むと、実はそれ以外にもかなりお金がかかってくるものなんですよ。

まず、毎月の管理費が一定額必要となります。これは維持費として必要な費用ですし、また改修費用として必ず積み立てていかねばならない大切な費用です。また、それだけでなく、税金として固定資産税もかかってきます。更に駐車場料金や駐輪場の使用料なども必要になる場合がありますから、合計でかなりの金額が毎月引き落とされることになります。マンションに住み始めてから、予想外にお金がかかることに驚いている方も多いのではないですか?

ローンの返済額だけならばまだしもいいのですが、実はこのような費用も加わって、家計の負担となってくる場合も多いと考えられます。以外と大変なんだなと実感すると、「他の家庭では、どのくらい返済しているんだろう?皆さんやっていけてるんだろうか?」なんて、ちょっとよそのお宅のことも気になってきますよね。さて、その平均返済額は、どのくらいなのでしょうか。

新築の分譲マンションの場合、返済額の平均は12万円くらいになるようです。ただしこれは全国平均ですから、都内の高額なマンションも含めての平均額です。お住まいの地域によっては、差があるかもしれません。実際には、この平均額よりも、そのご家庭の年収に対する年間返済額の割合である、総返済負担率の方が問題となります。年収400万円以上ではこの負担率が35%以上、年収400万円以下では30%を越えると、返済が苦しくなってくる場合があると言われています。

また、住宅ローンは数十年に渡って返済していくのが普通ですから、この間に何事もなければいいものの、例えば年収が減ってしまったり、病気や事故など、予定外の支出や減収にも対応していかねばなりません。そんな場合、カードローンなどを検討する方も多いのではないでしょうか。実際に、住宅ローンを借りている同じ銀行でカードローンを契約すると、より低い金利で借りることができるなど優遇措置もあるんですよ。

地方銀行には、特に住宅ローンを借りている人向けのカードローン商品があるくらいですから、多くの方がこのような形でお金を借りていると考えられます。やはり、マンション購入したものの、生活費が足りなかったり、旅行やレジャーの余裕がなくてお金を借りたくなる方は多いのでしょうね。借りるのであれば、他を考えず、まず住宅ローンを使っている銀行の商品を探してみてください。金利の優遇などがあれば、それが最適のカードローンです!

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 カードローン審査にお悩みなら!審査が手頃なサービスのご紹介! All Rights Reserved.